行政書士ってどんな仕事なの?

行政書士ってどんな仕事なの?

行政書士はどんな仕事にも適応できる

行政書士の仕事はとても幅広く、その種類は1万種類超とも言われています。
それはどうしてかというと、行政書士という仕事はどんな業界の、どんな仕事にも適応性がある、ということでもあります。

aa76f41b18ec4d831b5db4ab472225e5_s

よく行政書士のことを「代書屋」と言ったりします。
「代書屋」とはつまり、本人に代わって書類のやりとりをするということ
官公署や行政機関に提出する書類の作成と、提出を行います。

飲食店運営、自動車業運営、開業、相続など、なにか新しいことを始めようとするとき、官公署への書類提出が必要になるものです。
そして多くの人にとって、それは初めての経験なので、どうしたらいいのか分からない
そこで行政書士のニーズが出てくるわけです。

代表的な行政書士の仕事

行政書士の仕事で代表的なものは、以下があります。

・飲食店営業許可
・交通事故損害賠償請求
・会社設立
・相続、遺言書作製
・契約書作成
・ビザ発給手続き

自分の専門分野を見つけよう

たいていの行政書士の場合、行政書士が関われるいろんな分野のうち、どれか1つ~2、3を選んで仕事をします。
「飲食店営業許可が専門の行政書士」とか、「会社設立が専門の行政書士」とかいうふうに自称して営業することになります。

なので、行政書士になろうと思うのなら、まずなにか、自分のやりたい専門分野を見つけることがスタートとなります。
もちろんその前には、行政書士試験に合格しておかないといけませんよ!


⇒⇒無料教材をもらって勉強法を試してみる

関連記事

  1. 私の行政書士日記③ 地域密着型の行政書士へ
  2. 私の行政書士日記② ベンチャー支援への想い
  3. 私の行政書士日記① ワーホリが行政書士生活の原点に
  4. 行政書士で安定的に収入を得るには
  5. 通信教育のDVD講義動画で自宅を資格スクールに
  6. 会社往復3時間を丸ごと勉強時間に充てる
  7. 「朝活」が行政書士合格への最短距離
  8. 帰宅後に資格の勉強をするのは挫折のもと
  9. 資格ブームが生んだ行政書士への誤解
  10. 行政書士の勉強方法