私の行政書士日記① ワーホリが行政書士生活の原点に

私の行政書士日記① ワーホリが行政書士生活の原点に

私が行政書士になるまでの歩み

私は現在、行政書士事務所を営み、それで生計を立てています。
私がなぜ行政書士になろうと思ったのか、そして開業するまでの出来事についてお話したいと思います。
将来、行政書士になろうと考えている方にとって、この情報がお役に立てればうれしいです。

「自分でやってみよう」と思って実行できるように

私を行政書士という仕事に導いてくれた原点は、20代のときのオーストラリアでのワーキングホリデー体験にあると思っています。
海外に行き、自分で生活を切り開いていくことを経験して、「自分でやってみよう」「新しいことをやってみよう」と思って実行できる、パワーがつきました。

ab6c00139a78cc2260c8ccaddee29cb1_s

もちろん20代の当時はそんなことは思ってなくて、自分探しをしたいなと思ってワーキングホリデーしました。
10代の頃からなぜか、高校を卒業したら海外に行くことを決めていました。
将来、どんな仕事をしたいかもわからなかったし、海外でいろいろ経験したら、そういうのも見えてくるかなと思ったのです
それはほんとに、ビンゴでした。

ワーホリ経験を通じて得たコミュニケーションスキル

日本語も通じない、会ったことがない人ばかりのところに飛び込んで、ホームステイしたり、接客のアルバイトをしたりしていく中で、コミュニケーションスキルと英語力がつきました。
1年間のワーホリを終え、帰国しました。


⇒⇒無料教材をもらって勉強法を試してみる

関連記事

  1. 私の行政書士日記③ 地域密着型の行政書士へ
  2. 私の行政書士日記② ベンチャー支援への想い
  3. 行政書士で安定的に収入を得るには
  4. 行政書士ってどんな仕事なの?
  5. 通信教育のDVD講義動画で自宅を資格スクールに
  6. 会社往復3時間を丸ごと勉強時間に充てる
  7. 「朝活」が行政書士合格への最短距離
  8. 帰宅後に資格の勉強をするのは挫折のもと
  9. 資格ブームが生んだ行政書士への誤解
  10. 行政書士の勉強方法