私の行政書士日記② ベンチャー支援への想い

私の行政書士日記② ベンチャー支援への想い

自分のやりたいことを頑張っている人たちを応援したい

オーストラリアでのワーキングホリデー経験を通じて、自分の考えや意見をきちんと表現する習慣が身につきました。

「自分でやりたいことを表現するのっていいな」と思い、そんな仕事って何だろうと思ったとき、ベンチャー創業支援に魅力を感じるようになりました。
自分のやりたいことをがんばっている人を応援したい、と思うようになったのです。

ベンチャー企業リーダーの前向きさが刺激に

きっかけは、20代半ばでベンチャー創業支援企業に就職したことです。
さまざまなベンチャー企業のリーダーの方たちと関わるようになりました。
彼らって、とても前向きなんですね。
そういう方たちと関わって、リアルに刺激をもらいました。

9eb90ee4b26cb5732b29a0eaa619bb7a_s

また、この仕事を通じて、社長さん、もしくはこれから社長になろうとしている人に営業する、というスキルを身につけることができました。

ベンチャー創業支援企業で行政書士と関わるように

ベンチャー創業支援企業の仕事で行政書士との接点がありました。
行政書士がどうやって、ベンチャーの開業手続きをしているのかを見て、私も行政書士の資格を取ろうと思いました。
ベンチャー支援をするなら、開業に必要な資格が必要だからです。

特に、私の場合、経歴に有名大学卒業とか、大企業勤務経験とかいうバリューがなかったので、「行政書士」という後ろ盾はぜひ欲しかったのです。


⇒⇒無料教材をもらって勉強法を試してみる

関連記事

  1. 私の行政書士日記③ 地域密着型の行政書士へ
  2. 私の行政書士日記① ワーホリが行政書士生活の原点に
  3. 行政書士で安定的に収入を得るには
  4. 行政書士ってどんな仕事なの?
  5. 通信教育のDVD講義動画で自宅を資格スクールに
  6. 会社往復3時間を丸ごと勉強時間に充てる
  7. 「朝活」が行政書士合格への最短距離
  8. 帰宅後に資格の勉強をするのは挫折のもと
  9. 資格ブームが生んだ行政書士への誤解
  10. 行政書士の勉強方法