行政書士の合格率

行政書士の合格率

行政書士の合格率は、平均して7%前後となっています。平成16年から平成25年度の10年間で、一番低いのは平成17年の2.62%。100人受けて3人も合格しないのですから、かなり低い数字と言えます。しかしその数字はここ数年で上昇傾向にあり、平成25年度には10.10%と、10%超えを記録しています。

行政書士合格率の推移

年度 申し込み者数 受験者数 合格者数 合格率
平成16年度 93,923 78,683 4,196 5.33%
平成17年度 89,276 74,762 1,961 2.62%
平成18年度 88,163 70,713 3,385 4.79%
平成19年度 81,710 65,157 5,631 8.64%
平成20年度 79,590 63,907 4,133 6.47%
平成21年度 83,819 67,348 6,095 9.05%
平成22年度 88,651 70,586 4,662 6.60%
平成23年度 83,543 66,297 5,337 8.05%
平成24年度 75,817 59,948 5,508 9.19%
平成25年度 70,896 55,436 5,597 10.10%

出典・一般財団法人 行政書士試験研究センター(HP

具体的な人数について確認してみましょう。ここ10年で一番低い数値である平成17年度は、74,762人が受験して、1,961人が合格しています。そして一番合格率が高かった平成25年度は、受験者数が55,436人に対し、合格者は5,597。これらの数字を比較してみると、受験者が減り、合格者は増えていることが、合格率を上げる要因になっていると分かります。

平成17年度の数字は、合格者数も合格率も、あまりに低すぎます。この数字を見ていると、どんどん気分が暗くなってしまいます。しかし全体として見てみると、合格者数は、だいたいにおいて5,000人前後で推移していることが分かります。この10年間で受験者数は減少傾向にあります。しかしいずれにせよ、毎年5万人以上が受験する、人気資格であることは間違いありません。

ここで注目したいのは、受験者数が変動しているのに、合格率の変動はさほど無いという点です。例えば平成24年度は59,948人が受験して、合格者は5,508人。平成25年度の受験者数は55,436人で、前年度と比べて4万人も減少しているのに、合格者は5,597人と、ほぼ変化がありません。

これらのデータから、「受験者数が変動したとしても、合格できる人の割合は変動しない」という推論が導き出せます。逆に言うと、ただ記念受験的に受けてみて、ラッキーにも受かってしまう、などという逸話は生まれえず、合格には合格するだけの理由がある、という推論も成り立つでしょう。


⇒⇒無料教材をもらって勉強法を試してみる

関連記事

  1. 私の行政書士日記③ 地域密着型の行政書士へ
  2. 私の行政書士日記② ベンチャー支援への想い
  3. 私の行政書士日記① ワーホリが行政書士生活の原点に
  4. 行政書士で安定的に収入を得るには
  5. 行政書士ってどんな仕事なの?
  6. 通信教育のDVD講義動画で自宅を資格スクールに
  7. 会社往復3時間を丸ごと勉強時間に充てる
  8. 「朝活」が行政書士合格への最短距離
  9. 帰宅後に資格の勉強をするのは挫折のもと
  10. 資格ブームが生んだ行政書士への誤解