資格取得に必要な期間

資格取得に必要な期間

必要な期間は約1年、最低800時間の勉強時間

法律知識を全く持たないゼロベースから勉強を開始して、行政書士試験突破を目指すなら、合格するのなら、必要な時間は最低でも800時間必要です。1日平均3時間勉強するとして、勉強をお休みすることも考えると、1年近い期間はみておいたほうが良いでしょう。「3か月で行政書士試験を突破できる!」と謳う参考書やスクールもありますが、よほど努力しない限り、不可能です。どうしても3か月の期間しか用意できない、その間に何がなんでも合格しないといけない、という場合は、先ほど挙げた800時間という数字を3か月で割って、1日当たりの勉強時間を消化していくしかありません。しかしこのパターンではほぼ確実に挫折すると思って良いでしょう。

不測の事態に備えて余裕をもたせる

社会人が資格取得の勉強をするとしたら、1日平均3時間が妥当かと思われます。期間は1年間とります。1日平均3時間で週6日勉強するとしても、やや日数に余裕がありますが、社会人には予期せぬ事態があるものです。仕事が終わってから勉強しようと思っていたら、上司に急に呑みに誘われることもあるでしょう。仕事の都合で残業してしまい、帰宅が遅くなることもあります。体調を崩してしまい、勉強どころでなくなってしまうこともあるでしょう。あまりきっちり予定を組まず、ある程度余裕を持たせておいたほうが、継続しやすくなります。

スクールに通うなら授業を休む可能性も考慮する

スクールに通う場合は、そのカリキュラムが終わる時期までが必要な期間となりますが、会社の事情や健康上の事情により授業を休んでしまい、勉強が滞ってしまったときは、その遅れを解消できるように、少し長めにみておくと良いでしょう。


⇒⇒無料教材をもらって勉強法を試してみる

関連記事

  1. 私の行政書士日記③ 地域密着型の行政書士へ
  2. 私の行政書士日記② ベンチャー支援への想い
  3. 私の行政書士日記① ワーホリが行政書士生活の原点に
  4. 行政書士で安定的に収入を得るには
  5. 行政書士ってどんな仕事なの?
  6. 通信教育のDVD講義動画で自宅を資格スクールに
  7. 会社往復3時間を丸ごと勉強時間に充てる
  8. 「朝活」が行政書士合格への最短距離
  9. 帰宅後に資格の勉強をするのは挫折のもと
  10. 資格ブームが生んだ行政書士への誤解